【ナノバブル】99.9%がA品の苗 ブロッコリーのその後

皆さんこんにちは!

早速ですが以前”99.9%がA品の苗”でご紹介したあのブロッコリーを覚えていますでしょうか?

ナノバルブル装置を使って散水したところ、ほぼ全ての苗がA品だったとご好評いただいた、長野県軽井沢周辺でブロッコリーを栽培している農家Mさんを以前ここでご紹介しました。

今回はその農家Mさんの収穫結果をお伝えします!

 

「出荷時のA品割合が約2割増加。」

「D品の割合も半減し、今までに経験がないほど良品のブロッコリーが収穫できた。」

と喜びのお言葉を頂きました♪

A品はD品と比べて箱単価で約1.8倍違うのでこれは大きい!

 

さらに、

「間違いなく初めの苗が良かったため今回の結果に繋がった。」

とのお言葉も!

私達も喜んでもらえて本当に嬉しい限りです^^

収穫前の苗とブロッコリー。茎からちっちゃい頭(頂花蕾 ちょうからい)が出てます。

収穫後のブロッコリーの茎

茎が太くなったため切れ味の良い包丁も新調いただいたとか!!

 

ここでブロッコリーについて簡単にご紹介。

播種のタイミングは春と夏で夏まきは7~8月がシーズン。それから2ヶ月ほどで収穫を迎えます。

一般的なブロッコリーは主枝につく(頂花蕾 ちょうからい)という部分を私達は食べています。しかし、頂花蕾を収穫後もわき芽を伸ばし、葉のつけ根にできるつぼみ(側花蕾 そくからい)を長く収穫することができるのがブロッコリーの特徴です。

個人的にブロッコリーは茹でてそのままマヨネーズをかけるか、シチューにして食べるのが好きなのですが最近は価格があがってしまい手軽に買えない野菜になってしまいました。(^_^;)

栄養素も満点でビタミンとミネラルが豊富なため、抗酸化作用によりるガン予防やアンチエイジングに効果があるとされている野菜です。

栄養補給に夕飯はブロッコリー入りシチューにしようかな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です