ナノバブルの特徴

通常の気泡は、上昇して水面で弾けるのに対して、ナノバブルは「ブラウン運動」と呼ばれる動きで水中を漂い、数カ月間程水中にとどまります。
帯電する性質や気泡の中に非常に高い内圧を持つことにより、様々な効果を発揮します。

 

直径が1μⅿ以下の超微細な気泡をナノバブルと呼んでいます

 

ナノバブルの可能性

期待を酸素にしたナノバブルでは、水中の溶存酸素量が増えるため、植物が根から酸素を多く取り込むことができ、成長促進などが期待できます。また、二酸化炭素のナノバブルを葉に散布することで、植物の光合成を促進させます。

 

ナノバブルの展開

カクイチでは、“植物の健体化”などの分野で、学術機関と更なる研究を進めております。また「ナノバブル生成ノズル」他、国際特許を18種申請中です。カクイチ独自の技術として公に確立し、皆様に安心して利用していただけるよう進めております。