日本を農業で元気にする
という想いを私たちは繋げ、
農業の発展に貢献します。

日本を農業で元気にする

アクアソリューション事業とは、
ナノバブル発生装置を貸し出すことにより、
農作物の成長促進、収穫増、秀品率を上げ、農家の生産性向上を目指します。

 

 

カクイチ – アクアソリューション
事業の
3つの特徴

装置の貸し出し
装置の貸し出し
会員の皆様にはナノバブル水を発生させる装置を貸し出します。
装置を買い取る必要はございません。
農作物の成長を促進 image
農作物の成長を促進
農作物の成長促進、収穫像、農薬散布量削減、秀品率など農業の発展をサポートします。
ネットワークの構築 image
ネットワークの構築
会員の皆様から届いた有益な情報を共有しさらなる技術の向上を促します。

 

 

 

私たちの想い

農業の見える化 image

農業の見える化

No Measurement, No Control

農業は見える化が十分にできていない。
センサーによって、土中水分、日射量、温度のデータを見える化することで、収穫量アップなどを目指します。

未来への提案 image

未来への提案

Proposal to the future

私たちの目的は、日本の農業を良くするという共通の目的を持ったみなさんがネットワークをつくるためです。
ミッションを賛同してくださった農家のみなさんに独自のデジタルとリアルの情報交換の場を設け、農業の発展に貢献します。

 

 

ナノバブルウォーターとは?

「ナノバブル」とは、直径1μm以下の気泡の事です、通常の気泡が上昇して、水面で弾けるのに対して、ナノバブルはブラウン運動と呼ばれる動きで水中を漂い、とどまります。
ナノバブルがマイナスに帯電している事や気泡の中は、非常に高い内圧を持っているので、様々な効果が期待できます。
ナノバブルウォーターとは?image

ナノバブルウォーターとは? image

水耕栽培、溶液土耕栽培(ハウス栽培)に対し、配管の途中にナノバブル発生装置を組み込み散水します。

 

 

ナノバブルウォーターの効果


ナノバブルウォーターが効果を発揮するのは作物や育成環境によって様々です。

収穫増 image
01
収穫増

石垣いちごの根の活着が良くなりました。
昨シーズンでは例年収穫のなかった2月に生殖成長し、十分ないちご狩りができました。
今年より育苗から本格的に使用する事となりました。

根の張り image
02
根の張り

白菜の苗に効果が良く出ました。通常1週間で出荷が5日に。
出荷が早くなっただけでなく、品質も良かったです。さらに早まった分病害虫のリスクも減ります。2日早く出荷できたことで、注文に対応でき、尚且つ良い品質の物が出せ、安定して出荷出来ました。

防除 image
03
防除

農薬の希釈水としてナノバブル水を利用し散布した所、ハダニの数が0匹。(ハウス内の10株をランダムに計測)うどん粉病の発生もかなり少なくなりました。

成長促進 image
04
成長促進

電気のとれない圃場でも使える太陽光パネル式自立型ナノバブルシステムです。
定植から30日後、葉の生育に大きな差を確認しました。根の太さ、本数にも違いが見られ根に赤い部分が多いことは、より丈夫に成長している証拠です。

玉伸び image
05
玉伸び

ナノバブルウォーターシステムを開始後は、木ぶりが良く、玉伸びが良かったです。
例年の追肥が不要でした。

 

 

 

カクイチ – ナノバブルシステム
導入事例

CASE 01

サニーレタスに使用

酸素ナノバブルを含んだ水と、通常の水道水で育てたサニーレタスを比較したところ、ナノバブルを含んだ水で育てたサニーレタスは通常よりも生育が早くなる傾向にあります。

また、水道水では200株中15株発生していたチップバーン現象が200株中1株と激減させる事に成功しています。
これは水に含まれる酸素ナノバブルによる脱窒素効果によるものだと予想されます。

さらに、育成だけでなく、味にも違いが現れました。
実際に食べてみると、ナノバブルを使ったサニーレタスはレタス独特の苦味が減少しており、今まで追肥して苦味を軽減していたものが、ナノバブルを普段の育成に利用するだけで苦味が軽減する結果がでました。

サニーレタスに使用 image

さらに、育成だけでなく、味にも違いが現れました。
実際に食べてみると、ナノバブルを使ったサニーレタスはレタス独特の苦味が減少しており、今まで追肥して苦味を軽減していたものが、ナノバブルを普段の育成に利用するだけで苦味が軽減する結果がでました。

CASE 02

石垣イチゴに使用

それまでは2月にイチゴが実る事は無かったハウス栽培のイチゴに利用したところ、イチゴが鈴なりに実らせる事が出来ました。

また、葉の生育状況を比べてみるとその違いは一目瞭然でした。

ナノバブルを使ったイチゴの葉は、葉肉が厚く、葉色が濃く育ち、葉先枯れが発生しませんでした。

サニーレタスに使用 image

ナノバブルを使ったイチゴの葉は、葉肉が厚く、葉色が濃く育ち、葉先枯れが発生しませんでした。

 

 

 

カクイチ – ナノバブルシステムの導入が
全国に広がっています!

会員数1000名突破 image

会員数
1,000
名突破

2019年時点で1,137名もの方に導入いただき、農作物の情報が届けられています。
導入品目74産物種数

導入品目
74
産物種数

いちご、トマト、きゅうりなどナノバブルウォーターにより成長促進が見られた作物は74品目にのぼります。

 

 

設置機械


作物や環境に合わせて適切なナノバブルウォーター発生装置を設置します。

露地太陽光システムタイプ

露地太陽光システムタイプ

電源のない圃場でも、ナノバブル発生装置がお使いいただけるように、太陽パネルを搭載。
さらに、これまで雨水でしか対応できなかった作物にも、自社製灌水ホースをセットでご用意することで、計画的なナノバブル水の散水が可能に。

特許出願中
常設タイプ

常設タイプ

会員様の圃場内作業エリアを極力減らさないように、装置設置スペースの縮小を計り、さらに外側にはシンプルで丈夫なカバーを取り付け、屋外設置も可能にしたモデル。
ノズルは1個で40ℓ/minタイプを開発。

特許出願中
コンパクトタイプ

コンパクトタイプ

軽トラックに積んで運搬できるサイズをイメージし、従来のタイプに比べ、重量は約2/3、大きさも約1/2と、一層軽く、コンパクトに。
果樹への葉面散布等、用途の広がりに更なる可能性を秘めたタイプです。

※受付終了いたしました。

特許出願中

 

 

導入費用

入会金
0

月額料金
30,000
円(税別)

※機械の貸し出し費用は月額利用料金に含まれております

注意事項
  • ガスボンベの初回設置費(2本分)は料金に含まれます。3本目より15,000円(税別)を別途いただきます。
  • 源水調査については、1年に1回源水調査(11項目)を無償で行います、2回目以降は有償となります。(30,000円税別)
  • 機械の設置にかかる費用は別途いただく場合がございます。