2020/04/14

IBM社と業務提携 【AIによる「農業の見える化」で農業改革を推進】

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下「日本IBM」)は、株式会社カクイチ(以下「カクイチ」)の、ナノバブルウォーター とITを活用したアクアソリューション事業において、農業事業者に適確にアドバイスを行うシステムと、スマホアプリの構築を支援し、運用を4月より開始しました。

高齢化が進み農業従事者の減少を課題に抱える昨今の農業界において、農作物の成長促進、収穫増、秀品率を上げ、農家の生産性向上、そして、若者が関心を持つようなノウハウや農家同士の情報共有のための取り組みが求められていました。

本システムは、農園やビニールハウスに取り付けたセンサーから収集した、照度、湿度、気温、土壌の水分、地中温などのデータを収集・蓄積し、AIで時系列の因果関係を分析します。その分析によって「見える化」された、最適な散水のタイミングやバルブの設定をもとにナノバブルウォーターを散水することにより、農作物の収穫量や品質の向上を可能にしました。
カクイチは、このシステムのデータ分析モデル作成に、IBM Cloud上でデータ準備からAIモデル開発までシームレスに使える統合分析プラットフォームWatson Studioを採用しました。さらに、分析された結果を表示・管理するためのスマホアプリの構築の発想から構築にわたり、アイデアの創出から、PoC・顧客実証実験までをアジャイルに繰り返し、スタートアップのようなイノベーション創出を支援する「IBM Garage」のアプローチを採用し、カクイチの農業のスペシャリストと日本IBMのAIのエキスパートが一体となり実現しました。

直径1μm以下の気泡を含む水

日本IBMは、IBM Cloud、Watsonをはじめとしたテクノロジーと業界に特化したサービスで、カクイチのナノバブル散水を主力にしたアクアソリューション事業を通じて「日本を農業で元気にする」の実現を支援して参ります。

日本アイ・ビー・エム株式会社のリリース
カクイチ、AIによる「農業の見える化」で農業改革を推進

会員向けにナノバブルウォーターシステムを導入した事例や、最新情報をお届けしています。