2019/11/28 レポート

【長野県】キュウリ栽培でのナノバブル導入事例

投稿者:カクイチ


今回ご報告するのは、群馬県館林市の農家K様の事例です。

群馬県館林市は、利根川・渡良瀬川に挟まれ、水の豊富で肥沃な優良農地を数多く残す平坦な土地です。12月から2月は日照時間も日本一長く、土地・水・冬の日照量に恵まれた館林市は、キュウリ栽培に適した環境が整っており、生産量は全国第2位を誇ります。

他のキュウリ生産地と差別化を図るため、館林市では朝どりにこだわりを持っています。早朝から収穫し午前10時までに出荷すれば、その日の夕方には東京都内のスーパーや小売店に並べることが可能です。キュウリは品種による食味などで差別化ができない野菜のため、K様は東京近郊型農業という特性を活かし、新鮮であることを重要な付加価値としています。

K様のキュウリの栽培方法は、子づる・孫づるを下ろす「更新型つる下ろし栽培」と呼ばれるもの。育てる際の手間はかかるものの、収穫しやすく、秀品率や収量アップに期待ができる栽培方法です。なお、館林市のキュウリ栽培の多くは、子づる・孫づるの先端を摘み取る「摘心栽培」が用いられており、つる下ろし栽培の実施は他農家との差別化にも繋がっています。

収量20%アップ! ナノバブル散水で目標値達成

「収量前年比20%アップ」を目標に、2018年12月の定植時からナノバブルを導入。下記のスケジュールで散水を行いました。

定植時~2週間:10t/30a×1日1回
3~4週目:散水なし
5週目~:4.5t/30a×1日2回(日射比例潅水方式。約20MJで5tの散水)

結果、昨年の収量:30t→今年の収量:36tにアップ。目標値である20%アップを達成しました。

目標値を達成できた理由について、ナノバブルの使用、ハウス環境制御、土壌改良など複合的な要因により土壌や肥料のバランスが整い、収量アップにつながったと考えられます。

特に今作から導入したプロファインダー(ハウス内の湿度や温度など環境因子を測定する測定器)でハウス内環境の見える化が進んで的確な管理ができたこと、そしてナノバブルの散水が収量増の大きな要因と考えています。

次作に向けて、より収量アップに効果的な条件を探ってまいります。今後の報告にもご期待ください。

会員向けにナノバブルウォーターシステムを導入した事例や、最新情報をお届けしています。