2019/02/05 レポート

ナノバブルで出荷量が2倍アップ!!

皆さんこんにちは!!

いきなりですが、皆さん自身の家の家紋はご存知ですか?(*-乂-*)

現代ではあまり気にすることはないと思いますが、その家の象徴となる「家紋」

分かりやすい例えを出すと

水戸黄門の有名なセリフ「この紋所が目に入らぬかぁっ!!」で

格さんが出す印籠、その印籠に描かれているのが「家紋」です

ちなみに私の家の家紋は「一文字紋」でした!🤣

そして数多く家紋が存在する中で、日本を代表する家紋があります。

それが「菊の御紋」です!

「菊花紋章」や「菊花紋」とも言うらしいです。

菊の御紋が使用されている例を出すと靖国神社の神門です。

これでもかというほど大きく「菊の御紋」の装飾が施されています!!

 

そこで!!

今回は日本を代表する家紋にも使用されている「菊」

その菊を生産しているナノバブル顧客の方に

ナノバブルを使用したご感想をインタビューしてきました!!

 

今回インタビューさせていただいたのは

大分県豊後市で輪菊の生産を行なっている、輪菊生産の第一人者

そして過去には中国への技術指導、2018年にはカンボジアにて、

花弁のモデル農園新規設立に奔走されていた人格者!!

小久保 恭一様です!

 

Q:ナノバブルを設置した際、どんな効果を期待しましたか?

A:輪菊に限らず植物の育成環境において最も重視しているのは

  「土壌の物理性」土壌の三相「固相」「液相」「気相」のバランスです。

  ベストは1/3:1/3:1/3の比率であり中でも「気相」は

  維持が最も困難です。

  例えば豊後大野は阿蘇山の噴火により石灰質が多く、物理性が非常に良い。

  通常1反20kg必要な肥料が、良い場所だと3倍の60kg必要です。

  逆に愛知県田原市は物理性が悪い為、夏場には特に立枯れが出ます。

  また、根腐れが多発し、連作障害も出てしまう。

  物理性が良い土に対しては肥料の減量。

  物理性が悪い土に対しては、立枯れ・根腐れの防止。

  以上の期待を持って導入しました。

 

Q:ナノバブルの効果はいかがでしたか?

A:6月より装置を導入して育成を行い、9月末から10月初旬の15日間で

  30万本の過去最高出荷が実現しました。

  また、酷暑の今夏に高温障害による品質低下も極めて少なかったです!

  反面、例年の2倍の出荷となったため収穫作業が苛烈を極め

  肥培管理(追肥)が全く出来なかったです…。

  次期定植に向け枯渇したであろう収穫圃場に

  窒素成分を通常16.8kg/反の倍の33.6kg/反投入し

  地力の安定を図りました。

上記の写真はナノバブル散水を初めて
栄養から生殖への切り替えの時に撮ったものです。
丈が揃っているため、ロスが少なく済みます!

 

Q:栽培のポイントを教えてください。

A:年間標準出荷を行う為、電照による日長調整を行い

  安定出荷を常に心がけています。

  また四季の気候の変化や昨今の異常気象を最小限に

  抑えるために、植物や土壌の原理に合った

  栽培・管理方法を心がけています。  

 

Q:今後の課題はありますか?

A:ナノバブル導入による育成コントロールです。

 

インタビュー内容は以上です!

小久保様にナノバブルを使用していただいたところ

健体化・秀品率UP」という非常に私たちにとっても嬉しい

結果を出していただけました!

小久保様、今回はインタビューにご協力していただき

誠にありがとうございました!

 

会員向けにナノバブルウォーターシステムを導入した事例や、最新情報をお届けしています。