2019/12/18 インタビュー

【長ねぎ】今のところ特に変化はありません

投稿者:カクイチ


ナノバブル使用開始:2019.4-
地区:東京都西多摩郡瑞穂町
名前:近藤ファーム 近藤剛様
長ねぎの栽培歴:
栽培種:長ねぎ(夏扇パワー、夏扇4号、羽緑一本太)
長ねぎの栽培方法:慣行栽培
長ねぎの圃場面積:約1ha
長ねぎの出荷量:約40万本

◎ナノバブルに期待していたことは?
根張りが良くなり、定植時の活着が早まること

◎長ねぎ栽培でのナノバブル効果は?
今のところ特には感じません。
ただ、使っていても害もないです。
今のところ、順調に生育していますね。
今後は根の伸長具合について観察していきたいです。

◎どんな長ねぎを栽培しているの?
長ねぎ3品種を計40万本分栽培しています。
順調に生育してもらうため、生育を阻害する要因をいかに少なくしていくかを大切にしています。

◎今後ナノバブルに期待することは?
ナノバブルを利用している他の農園で農薬の展着率が良くなる話を聞きました。
ネギは展着が良くない野菜なので、展着が良くなると助かります。
また、水源がない畑が多いため土壌灌水できないので、展着が良くなるなど、葉面散布でも色々な効果が出ると使い道が広がりますね。

会員向けにナノバブルウォーターシステムを導入した事例や、最新情報をお届けしています。