豪雨により被災された皆様へ

植物育成の万能薬。木酢液の使い方について

植物育成の万能薬。木酢液の使い方について

木酢液の効果について。弱った農作物を立ち直させるその効果とは│画像1

農作物を育てていると立ちはだかるのが虫や微生物による病害です。
虫や微生物は至るところに存在していますから、彼らを殲滅させることは現実的ではありません。しかし病害の影響のある虫や微生物を放置する訳にもいきませんよね。病原菌や害虫は、人と同じで弱ったものから発生するものです。健康な植物であれば自ずと忌避成分や抗菌・殺菌成分を出し防除しているはずです。しかし弱った植物が病害虫にやられてしまうと病害虫の勢力に巻き込まれて、健康な植物もその害に巻き込まれてしまいます。
そこで今回おすすめしたいのが木酢液(もくさくえき)です。
殺菌能力が主体ではないこの防除剤の効果についてご紹介していきます。

木酢液関連記事はコチラ

木酢液について

木炭をつくる際に生じる水蒸気を冷やし回収した液体のことを指します。
いわば樹木の濃縮液とも言えるこの木酢液には、有機酸やアルコール、フェノール類、ビタミン、ミネラルなど200種類以上の成分が含まれており、木酢液の原液はpH2.8~3.2と強酸性です。

そのため殺菌・殺虫能は高いのですがそのまま利用すると育てている農作物にも影響が及んでしまうため、100倍以上に薄めて利用するのが一般的です。ちなみに市販品を購入する場合には、ワインレッドで透明なものを選びましょう。

濁りや沈殿物が見られるものは避けた方がベターです。価格ではなく状態を見て購入するのがポイントです。販売されている木酢液の中には透明で黄色いものもありますが、これはお風呂やお肌につけるのに効果的なものであり、農薬としての効果は期待できません。

木酢液の効果(病原菌撃退のしくみ)

木酢液の効果について。弱った農作物を立ち直させるその効果とは│画像2

木酢液の効果は、植物そのもの以外にも間接的に影響を及ぼすため、化学農薬と比較すると適切な説明をすることができない難点があります。
しかし病害虫が減るため、減農薬や無農薬栽培に取り組みやすくなりますし、植物の生育が良くなり糖度や日持ちが良くなる特徴も知られています。
堆肥に利用することもオススメされており、その場合には発酵を促進する効果と同時に堆肥特有の匂いをおさえる効果もあります。

散布する際には、原液の場合pHが強酸性に傾いているため、適格なpHにするためには500倍に希釈する必要があります。しかしその場合には、pHは5.5~6.0となり酸による殺菌効果は見込めません。元々害虫を寄せ付けない“忌避効果”も期待できるほどありません。ではなぜ病原菌の撃退に役立つと言われているのでしょうか。

この理由には有用微生物の存在があります。
原液のpHでは病害菌だけでなく有用菌も殲滅してしまうほどの殺菌作用をもつ木酢液ですが、希釈することで適正なpHとなれば病害菌、有用菌ともに繁殖は可能となります。

しかし木酢液に含まれる有効成分は有用微生物のエサとなるため、病害虫と比較して有用微生物の方が優先的に繁殖ができる環境となるのです。
また病害虫が好む農作物は肥料過多などが原因で弱っていることが多いのですが、木酢液を植物に対して散布すると、植物体内にある過剰な未消化窒素成分(亜硝酸など)が木酢液中の有機酸と結合することでタンパク質など、これまた有用な物質が合成されます。タンパク質によって細胞が強化されることにより、生育が健全な状態へと立ち直っていくのです。

木酢液自体が抗菌・殺菌作用を持つ訳ではありませんが、植物自体が元気な状態になれば、病害虫もなかなか近寄ることができないのです。人の健康管理に似たものがありますね。

土壌散布のすすめ

木酢液の効果について。弱った農作物を立ち直させるその効果とは│画像3

また木酢液は土壌散布も推奨されています。
良い土の条件の中には、土壌生物が多様であることも重要視されています。微生物や小さな動物は有機物を分解し土の団粒化に役立つものもいれば、植物の根のために栄養を供給するものもいます。もちろん土壌中には病害菌も生育していますが、生態バランスが取れていれば異常繁殖による病害の発生も起きません。

そしてそんな土壌中の有用な微生物を増やすのにも一役買うのが木酢液なのです。様々な有効性分が含まれ、それらは有用微生物のエサとなります。彼らが適切な量に増えれば、土壌病害菌と戦うだけでなく、有機物やリン酸、ミネラルを分解して根の栄養補給の手助けを行なってくれます。

目安としては15日おきくらいに、農作物にかけるよりも薄い1000~2000倍に希釈したものを撒くようにしましょう。この際うっかり100倍より濃い濃度で散布してしまうと、有用微生物の増殖も抑えてしまうので注意してくださいね。

オリジナルの木酢液をつくるのもアリ

木酢液の効果について。弱った農作物を立ち直させるその効果とは│画像4

木酢液原液が強い酸性のため、そのまま吹きかけてはNGですが、その性質を利用してオリジナルの木酢液をつくるのもオススメです。木酢液に他の素材を漬け込むことで、それら素材の効果ある成分を抽出し相乗効果を得ることができるのです。

例えば動物性のものであれば魚のアラや卵の殻が挙げられます。魚であればアミノ酸やリン酸がたっぷり含まれているため、糖度アップや果実の肥大に効果が期待できます。

卵の殻はカルシウムが豊富になるため、糖度や着色アップが期待できます。
忌避効果をあげたいのであればヨモギやミントといったハーブ類を漬け込み香りをつけて忌避効果を狙うことができます。
トウガラシやニンニクの漬け込みも同様の効果が見込めますよ!

数あるカクイチの製品の中から
農家の方へオススメな製品をピックアップしました。

農作物カテゴリの最新記事